株式会社 Create-i informationとは

井上知

はじめまして。
株式会社 Create-i information 代表取締役の井上知です。

株式会社 Create-i informationは、
多くの方が「思いの力」や「脳の正しい使い方」を知り、
自分の未来を創造し、
幸せな人生を送るために役立つ情報を提供します。

そして、1人の方が幸せな人生を送れるようになれば、
その人の周りの人達も影響されて幸せになるというように
その輪が広がっていき、日本だけでなく
世界全体が良くなっていくことを目指します。

自分の未来を創造する

日本最大の哲学者と言われている中村天風哲人は、
「思いは人生の一切を支配する」ということを「運命を拓く」の中で書いています。

これは「思い」によって、自分の人生を創ることが可能であるということだと思います。

そして、いつも消極的な考え方、不安な気持ちで生活していれば不幸な人生を送ることになり、
逆にいつも積極的な思いで生活していれば素晴らしい人生を送ることができるという意味です。

「思い」については、
ナポレオンヒルの「思考は現実化する」、道元禅師の「切に思うことは必ずとぐるなり」など、
言葉は違いますが偉大な先人はみんな同じことを言っています。

そして、私はこの「運命を拓く」を1年間かけて学ぶ機会を持ち、
問題が起きた時でも自分の「思い」を積極的な方向へ向けるように努力し、
自分の人生を創造し続けることで人生がどんどんよくなっているのを実感しています。

そんな自分の体験を通して、
どんな人でも、今どんな状況にあろうと「思いで人生を変えることができる」と確信しており、
人間だけに与えられた「思いの力」についてより多くの人に知って頂きたいと思っています。

想像する力を与えられているのは人間だけ

「運命を拓く」の中に「思いは人生の一切を支配する」ということが書かれていますが、
この「思い」とは「想像」と同じことだと私は思っています。

そして、この世には人間以外に、動物、植物、石など多くの生物や物体が存在しますが、
これらの中で想像する力を与えられているのは人間だけです。

想像する力のない人間以外の動物は、
本能に頼り生活しているため自分の人生を大きく変えることはできません。
植物や石などにいたっては、動くことすらできません。

しかし、想像する力を与えられている人は、自分の「思い」「考え方」で、
自分の人生をより良いものにし、毎日幸せを感じ、楽しい人生を送ることができます。

その反対に、この想像する力の素晴らしさと使い方を知らない人は、
日々「怒り」「ねたみ」「そしり」「愚痴」「恐怖」というマイナス方面に想像の力を使っています。

なぜ人間は想像する力をマイナス方向に使うのか?

科学教育が主流の現代に生きる私達は、
学校で「人間の持つ想像の力」や「人生の意味(なぜ自分はこの世に生まれてきたのか)」
ということは教えてもらえません。

そして、科学教育の中では「1+1=2」というように、
1つの正解以外は間違いということがほとんどです。

このような教育の中で、私達の想像の力は失われていきます。

また、現代に生きる私達は、小さい頃から試験、成績、受験という点数で
ほぼ全てが決まってしまう競争社会の中で生活していいるということも関係しています。

もちろん、全てがこの通りであるということはありませんが、
こういった傾向が強い中で毎日生活することで、
人間が持つ素晴らしい想像の力を使いにくくしているのは間違いないと思います。

本当は家庭や学校で「人間の持つ想像する力」についてしっかり教育されていれば、
多くの人は自分の人生を自分の想像の力でより幸せで、楽しいものにしていくことができると思います。

しかし、多くの大人が「人間の想像する力」の素晴らしさを知らないので、
子供に伝えることができず、その子供達が大人になっていくという悪循環になっているのだと思います。

私が「人間の持つ想像する力」を知ったきっかけ

私も以前は、自分の想像の力をマイナス方向によく使っていました。

何か上手くいかないことがあると、
「あの人がこれをやってくれないから」とか「あの出来事さえなければ上手くいったのに」
というようにすぐ人にせいにしていました。他にも言い出したらきりがありません。

良くないと頭では分かっていても、このような心の傾向が潜在意識に入り込んでいて、
想像の力を「怒り」「ねたみ」「そしり」「愚痴」「恐怖」とマイナス方向に使っていました。

そして、人生の全てがなかなか思うように行かず、精神的にもきつい時期がありましたが、
自分の中で少しずつ「なんとかしなければならない!」という思いが強くなっていきました。

そんな時、日本最大の哲学者である中村天風氏の「運命を拓く」という本を教材にした講座で、
1年間かけて「人間の想像する力」や「人間は何のためにこの世に生まれてくるのか」について学びました。

「想像する力(思いの力)」の凄さを体験しました

「運命を拓く」という本と出会い、「人間の持つ想像する力」について知り、
「良い思いを持つこと」を意識し始めたら私自身の人生も大きく変わり始めました。

仕事や人間関係、新しい人との出会い(縁)など、全てが変わりました。

そして、「思い」で重要なのは、「原因と結果の法則」という本に書かれていますが、
「良い思いには良い結果」「悪い思いには悪い結果」が必ず引き起こされるということです。

例えば、「悩んでいたり、困っている人を助けたい」「世のため人のために役立つことをしたい」
という思いで努力すればその仕事は必ず上手くいきます。

「自分だけ儲かればよい」「騙してでも商品が売れればよい」「他人を蹴落としてでも昇進したい」
というような思いで仕事を頑張っても良い結果は得られないということです。

一時的には儲かったり、周りにいる他の人より先に昇進できるかもしれませんが、
長い目で見ると必ず悪い結果が起こります。

分かりやすい例え話として仕事の例を出しましたが、人間関係、健康など、
人生の全てにおいて自分の「思い」が原因となり、良くも悪くも「結果」を引き起こします。

よって、「良い思い」を抱き、日々努力すれば人は誰でも幸せな人生を送ることができ、
幸せな人生を送るために人間だけに「想像する力」を与えられおり、本当に凄いことなのです。

今考えると、私の中で「自分の人生をもっとよくしたい!」という「思い」が強くなった時に
「運命を拓く」という本や講座との出会いもありました。

そして、実際に良い結果を色々体験すると、「もっと世のため人のために役立つ仕事がしたい」
という「思い」が強くなり、その「思い」が強くなるとさらによい結果が出るようになりました。

ただ、誤解しないで頂きたいのですが、1日で全てが変わったという訳ではありません。

以前受けた講座の中で「習慣は第二の天性」という言葉を頂きました。

最初はできなくても、日々繰り返し努力することで、
最初は意識しないとできないことでも次第に意識しないでできるようになるということです。

例えば、「自転車に乗りたい」と思った時に、
最初は教えてもらった乗り方を意識しながら何度も練習し、
繰り返し練習しているうちに意識しなくてもスイスイ乗れるようになるのと同じことです。

よって、「良い思いを持って行動すること」も、
最初は意識しないとできないかもしれませんが、改めるように毎日意識し続けていれば
それはいずれ意識しなくても徐々にできるようになっていきます。

このページの先頭へ

Create-i information